女性にとって脱毛とは必要不可欠な毎日のエチケットだと思います。

私は、どちらかというと敏感肌で、妊娠出産を経てお肌がナイーブになってしまった時期もありました。そのときに剃刀を使っていたのですが、その刺激のせいでひどいかゆみを引き起こしてしまったことがあったんです。

それから私が選んだ方法は、泡脱毛です。方法はいたって簡単。専用のシェービングクリームを脱毛したいと思う箇所につけてしばらく放置します。そのクリームは軟化剤が入っているようで毛が柔らかくなるのです。時間がくると、ヘラのようなもので泡を取ります。その時のコツは、少し力を入れてヘラを肌に押し付けるようにするのがポイントです。

この脱毛方法のメリットは、剃刀等をお肌に充てるわけではないので刺激が弱いことです。刃物の刺激に弱い方にはぴったりなのではないでしょうか。デメリットは、表面に出てきている毛をとるだけですので、きれいな状態が長持ちしないことです。こまめに脱毛を繰り返す必要があるので忙しい方にはお勧めできません。

脱毛に失敗した経験を生かして脱毛サロンを利用しました

私は仕事などの都合で、なかなか時間が見つけられない中で素人として脱毛器を購入して、自分で脱毛の処理を行っていました。

脱毛器には専用の取扱説明書があって、安全のための使い方などは記載していたが、脱毛を促すためのアドバイスなどは記載されていなかったです。

脱毛器を正しく使用していたとしても、望み通りの脱毛を行える保証はなくて、かえって誤った使い方によって怪我をした経験を持っています。幸いにも、機械を利用した事による怪我は数週間で済んで、僅かな怪我の跡形が残りました。

数万円の脱毛器を行って失敗したならば、早めに時間を見つけてサロンに行っておけば良かった事を後悔しています。脱毛器を利用した事のない人は、できればサロンに通ったり、機械の使い方などのアドバイスを受けてから、機械を利用した方が良いです。

現在では、少々高いサロンに通っていても、プロの施術によって望み通りの状態になりました。プロの人の施術ならば、素人で行うよりも脱毛の成功率が上がるのは確かな事です。
52